2014年6月

キャッシング申込み時には信用情報センターで個人情報開示されます!!

キャッシング申込み時には信用情報センターで個人情報開示されます!!

(公開: 2014年6月26日 (木))

キャッシングを申し込んだ後金融機関ではお金を貸して問題のない人物かどうか調べますから、絶対に嘘をついてはいけません。他者借り入れ件数、金額など嘘の情報を申告しても、審査では提携している信用情報センターに個人情報開示を依頼し、キャッシング関係の情報がチェックされますからすぐに虚偽申告だと分かってしまいます。
金融機関でお金を借りる時も、お互いの信頼関係が重要です。たとえ他社借入金額が高額ではなくても、正直な情報を伝えなかったということで信用を失い、キャッシングサービスの利用を断られる可能性大です。
信用情報センターには、誰がどこからいつ、いくら借りているのか細かい情報が登録されていますから、誤魔化しようがありません。銀行にしても消費者金融にしても提携先が必ずあります。
ただし、過払い金請求事実に関しては情報機関に掲載されません。住所、氏名、勤務先、連絡先など、キャッシング申込み時に必要な情報は、嘘偽りなく申告しましょう。
さらにこちら(⇒オリックスvipカードローンOV109について書かれています。