債務整理は難しい?

月刊誌の宣伝チラシ、タブロイド紙、街角に見られる広告や郵便広告などで「多重負債の効率化やります」「多重借金を集約しませんか」という売り言葉を読むことがあります。

これらは、「整頓人」「買取屋」「紹介屋」と呼ばれている悪徳会社の詐欺広告のケースがあるということなのです。

こういったものを使用したときには自己破産申し立てフローの中で最も重要な免責認可を受けられなくなる危険があります。

「片付け屋」の場合は、広告などで債務者を呼び出し、高いサービス料を取り債務整頓をやりますが、借金整頓は行われないまま、負債人はさらに債務スパイラルに落ちる結末が大方と考えてください。

「買取人」の場合債務者のローンで電化製品、旅行の券などを多量に買わせて負債人からその品目を値段の30%~半額で買取るという方法です。

負債人は短期には現金が懐に入りますがいずれカード企業経由で品物の定価の請求がきて、結局は負債を増額させる結果になります。

このケースだとクレジットカード会社への詐欺行為ということになり免責をもらえません。

「つなぎ業者」の場合大企業の金融業者から断られる負債人に対して業者として金貸しはしないでおいて、融資を受けられる違う貸し手を教えて、すさまじい紹介料を受け取る悪徳業者です。

紹介者は高度なつなぎで融通可能になったかのように報告しますが、実際は何もしないまま種は簡単で調査のゆるめの業者を説明しているというだけです。

この場合だと結局のところ借金額を拡大させることとなります。
借金 差し押さえ